トップ

笑うと歯茎が見えるのを治す

美容外科の名医と歯茎が見えるのを治す

歯茎が見えるのを治すなら美容外科の名医に

PR:>美容外科の名医を探す

心から100%の笑顔で笑えることはとても幸せなことです。

わたしには小さい頃から自分の笑顔にコンプレックスがあり、笑いたい時でも心から笑うことができずにいる20代の女性です。

わたしは笑った時に歯茎がみえてしまうのです。笑う時にはいつも口を手で隠します。友達と一緒に写真を撮る時も、できるだけ歯茎が見えないように、口を閉じて写るようにしています。友達がかわいく笑っている中で自分だけ不自然な表情で写ってしまいます。わたしもみんなと同じようにとびっきりの笑顔で笑えるようになりたいです。

そこで、笑った時に歯茎が見えるのを治す方法がないのか、調べてみることにしました。

笑った時に歯茎が見える笑顔のことを、歯茎のgumと笑顔のsmileで「ガミースマイル」と呼ぶそうです。笑顔にコンプレックスのあるわたしにとってはなんだか嫌な響きです。調べていくうちにガミースマイルには幾つかの原因があることが分かりました。

最も多い原因が骨格によるものだそうです。口元の骨が出っ張っていると、その分歯茎も長くなり、笑った時に簡単に歯茎が出てしまうということです。また、ほかの原因には、上唇を持ち上げる筋肉が過剰に発達していることや唇が薄すぎること、歯茎が過剰に発達しすぎて歯茎が歯にかぶさりすぎてしまっていることが挙げられるようです。

それぞれの原因に応じて治療方法が異なります。軽度のガミースマイルであれば、歯茎が見える部分をレーザーで切除する「歯肉整形」、中度のガミースマイルには「歯列矯正」、重度のガミースマイルであれば、骨を切って骨格を整えたり、歯茎と上唇を縫い合わせたりする手術で治療することができます。

メスを使わずに手軽に治療できる方法としてはボトックス注射という方法もあるようです。

“ボトックス注入の特長
上唇の上げ下げをコントロールしている筋肉(上唇挙筋郡)に注入することで、ガミースマイルの原因となっている、上唇の過剰な収縮力を抑制し、歯茎の露出を抑制。
注入後の日常生活にも全く支障はなく、副作用もほとんどない。
注入後約10日~2週間で効果が現れる(個人差あり)ボトックス(ボツリヌストキシン)による治療は、もともと眼科や神経内科で使われており、その効果や安全性はアメリカの国立衛生研究所で実証され、世界中で広く使用されている。
アレルギーテスト不要、誰でも気軽に受けることができる。
効果は1回の注入で約4~6ヶ月続き、注入を中止すれば自然に元に戻る。
効果は数回の継続治療で効果を持続させることが可能。
注入後の痛みや腫れはほとんどなく、周囲の人に気づかれずに済む。
出典:唇の整形・ガミースマイル改善:聖心美容クリニック

いろいろなガミースマイルの治療法があります。なかでも、手術であれば確実で効果も長続きしそうですが、やはり痛みや感染症などのリスクが大きそうなので、まずは手軽にできるボトックス法を受けてみることにしました。

ボトックス法だと30分ほどで施術が終わり、腫れも5日で引くということでしたので、他の方法と比べてもダウンタイムが少ないという点が魅力的でした。また、費用が5万円前後と他の方法と比べて、まずは安価に挑戦できるというのも20代でそんなに経済的に余裕があるわけではないわたしにとっては魅力的でした。

半年から1年でボトックスが分解されて効果もなくなってしまうということでしたので、効果に満足できれば、継続して治療していきたいです。

100%の笑顔で笑えるようになりたい!という強い願いと共に、美容外科クリニックでボトックス法を受けてみようと思います。

Copyright © 美容外科の名医と歯茎が見えるのを治す All rights reserved