• トップ

頭を悩ませる受験校の選定

公立の受験費用は格安

LINEで送る

私立の受験に比べると格段に安い

これから高校入試を目指す人にとっては、受験校の選定は頭を悩ませることとなるでしょう。特に高校にどこに進むかによって、将来進む道がある程度決まってくるため、慎重に選定していく必要があります。高校の場合、大きく分けて、公立の学校と私立の学校があります。それぞれに特色があります。公立の学校の場合、なんといっても費用の安さが大きな魅力です。たとえば、受験料について見てみると、どこの高校を受験したとしても、2000円から3000円ほどで収まります。合格してから振り込む入学金は6000円ほどです。それに対して私立の学校の場合、受験料だけで2万円から3万円ほどかかります。これはそれぞれの学校によって費用が異なり、一定ではありません。入学金は、最低でも10万円、多ければ数十万円となります。私立の高校の場合は、その学校独自のカリキュラムや学習に力を入れている面があります。例えば、土曜日に授業を行ったり、平日も公立に比べて授業数が多いところも少なくありません。しかし、費用の点で見れば、公立高校に圧倒的に軍配が上がります。特に進学校に進めば、私立高校と同様か、それ以上に大学への進学実績を出していることも多いです。

 

↑PAGE TOP